NEWS

新着情報

基本的な労務管理手法

2015.04.02
【ある相談事例】

入社して1年が経過しようとしている社員。仕事のミスが多く、改善されない。

心の底から成長してもらおうと、経営者は言葉を選びながら指導し本人もその場では謝罪するも、陰では経営者を無能扱いのような発言を後輩に行う。

あげくの果てに、気に入らない後輩を辞めさせようと意地悪し、退職者続出、という負のスパイラルにどっぷり入っている組織の経営者からのご相談。

辞めさせる事実根拠は揃っていそうだが、就業規則も雇用契約書も指導記録も何も無い。

就業規則や雇用契約書、指導記録を作成しておけばもっと自信を持って対応できるのに。。。。

社会保険労務士は上記のような経営者に事前の注意喚起を行い、「イザ」と言う時に備えておきましょう



\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\