NEWS

新着情報

マイナンバー制度、パスワードの重要性を再認識

2015.06.18

国民の年金事務を取り扱う日本年金機構がサイバー攻撃を受けて、約125万件の個人の年金に関わる情報が流出する大事件が起きたのは皆さんご承知の通りかと思います。


国民生活に密接な情報を取り扱うデータベー
スはサイバー攻撃の標的になっているというのは常識中の常識のはずですが、年金機構の情報処理作業を行う現場では、こうした危機意識が希薄であったと思わざるおえない事実があります。


年金機構の内規で、これらのファイルにはパスワードをかけることになっているところ、流出した情報が保存されていた約950個のファイルのうち、パスワードがかけられているのはわずか1%だったとのこと。


弊社でも以前、メールの誤送信により送付してはいけない先にエクセルファイルを送付するという大事件がありました。

ファイルにパスワードさえかけていれば大事件にはなりませんでした。

ちょっとひと手間。

今後の情報化社会には必須です。
yjimage