NEWS

新着情報

マイナンバー制度、個人番号カードの代理人受取

2015.06.16

最近たまたまよく受けるご質問としまして、自分の親が高齢で寝たきりであり、2016年1月以降個人番号カードを受取りに役所に行くことが出来ない場合の対応方法について、現時点での情報を下記にまとめてみました。

個人番号カードの代理人受取について

代理人でも受取可能

【必要書類】

1.照会回答書(市町村作成のもの)
2.法定代理人の場合は戸籍謄本その他その資格を証明する書類
3.任意代理人の場合は、委任状
4.本人の通知カード
5.代理人の身分証明書
(個人番号カード、免許証、パスポート等顔写真入りのもの2点、なければ保険証等数点)
6.本人が受取困難であることの証明書
(施設入所証明書、診断書、障害者手帳等)
7.本人確認書類
(免許証、パスポート等顔写真入りのもの2点、なければ保険証等数点)

※親族以外でもOKですが、顔写真付き証明書がない場合等、各市町村が決定する部分もあり詳細はまだこれから出てくる可能性があります。

介護施設に入居されている方の個人番号カードを施設職員が代理人として受け取れる、ということにもなります。
yjimage