NEWS

新着情報

マイナンバー制度、皆さんのお悩み

2015.06.11
先日、日本経済新聞社様でのマイナンバーセミナーにおけるアンケート結果から算出された、マイナンバー制度の相談先第2位に我々社会保険労務士が入っている、という内容をご紹介しました。

今日もアンケート結果からではありますが、各企業がマイナンバー制度対応のどの点に悩まれているのか、についての結果がありましたので、こちらのグラフから少し意見を述べてみたいと思います。

悩みの種
1位は【社内規定】
マイナンバー取扱規程や社内のルールづくりに困っている、という想定どおりの結果となっています。

私も最近実施しているセミナーの中では、皆さんによりイメージをしてもらいやすくするために社内規定を画面でご覧いただいておりますが、その時は皆さん身を乗り出す感じで、会場内の集中力が一気に上がっているのを感じます。

中には、スマホで画面を写真に撮られている方もおられ、その時は私も映るように少し移動してみたり。(笑)

その他2位以下も想定どおり、といったところですが、私としては「人材」がダントツの最下位、という点が非常に気になります。

というのも、今回のマイナンバー制度は一過性のものではなく、日本の電子政府化が加速されていく中で、今後ますます従業員全員の情報セキュリティー意識のレベルを上げ、実際の行動も伴っていかなければいけません。

従って、マイナンバー制度の本質を考えると、本来は「人材」が一位に来てもおかしくない、と私は考えております。

しかし、まずは法令で義務付けられていることに対応しなければならない、という目に見えやすい点に意識がいくことも十分理解できますので、我々の立場からしますと、直近で対応しなければならないことをより具体的に示し各企業のマイナンバー対策担当者に、「これなら何とかできそう」と思わせ、すぐに行動へ移してもらえるよう働きかけつつ、真の人事コンサルタントとして本質的なことにも気づいてもらえるような情報発信を行い、マイナンバー時代に必要となる人材育成・人材教育のカリキュラムをご提供できるようにしなければなりません。

まずは【これなら何とかできそう】と少しでも思っていただくために、少しだけではありますがワード版でマイナンバー制度で必要となる帳票をご提供しております。

必要な方は是非こちらをクリックしてください。

また、弊社ではマイナンバー時代に必要となる人材育成等のカリキュラムは既に10年以上も前から持っておりますので、ご興味がおありの方は何かの機会に是非お問合せいただければと思います。