NEWS

新着情報

課題と問題の違い

2015.04.17
【課題】と【問題】、という言葉の意味を区別せずに、その時の思い付きで使っている方が見受けられます。

どのように説明すればわかりやすくお伝えでき、正しく使い分けられるのか、ということで、今日はその違いを簡単に説明いたします。

【課題】:その事象を解決した先には成長が待っているもの。
【問題】:その事象を解決しても現状維持にしかならないもの。

一つの考え方ですので、これ以外にも区別の仕方があるかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

ちなみにここでの【成長】の定義は、できないことができること=数が増える、または、できることがさらによくできる=伸びる、ということとしております。

新入社員は、できないことができるようになった、という数が増えていることが実感しやすいと思います。

だから成長実感があり、個人差はあれ、仕事が愉しい、と感じやすい。

入社3年程度になるとひととおりできるようになるので、新たにできること、を増やしていくためには【課題】に取り組まなければなりません。そこで一つの節目があり、退職する方も出てくるタイミング、と理解すると、入社3年までに退職、という問題を考えるときの参考になろうかと思います。

常に新しいことにチャレンジすることがいかに大切か、ということですね。

成長