NEWS

新着情報

働き方改革 職人技もAIで代用2

2017.09.12

昨日はキリンビールのお話を取り上げました。

今日は味の素。

味の素は、アミノ酸生産工場の発酵工程の無人化に向けてAIの導入を検討しているようです。

2019年度までに生産効率がよかった発酵の際の条件をデータ化し、国際的なコスト競争力を高める、とのこと。

職人技をAIに蓄積することで効率的な開発だけでなく、技術伝承も効率的かつ簡易になると思われます。

これまでは技術伝承のために数年かかっていたものが、「秘伝のたれ」のような研究における機密データを蓄積し、ニーズを入力さえすれば、自動的に候補が提案されてくるのでしょう。

このような事象をAIが人の仕事を取る、とマイナス面として捉えるのか、人に依存せずともノウハウを効率的に活用でき、新たなノウハウが生まれる、とプラス面として捉えるのか。

プラス面で捉えていきたいものですね。

yjimage