NEWS

新着情報

働き方改革 二人目は男性も育休へ

2017.07.26

妻が一人目の子供に、毎日の授乳や入浴、寝かしつけから、仕事への復職、保育園入園を始めとする諸手続きに追われている姿に、大変さを「横」で実感し、二人目は何とか妻に協力したいと感じている男性が増えてきているようです。

そこでネックとなってくるのが、男性が育休を取ることに職場の理解を得られるか、上司になかなか言い出しにくい雰囲気等々。。。

でも、男性も育休取得することにより、一旦はキャリアが止まるかもしれませんが、逆に子育てを通じた苦労や生活から新たな発見があり、多様なアイデアが生まれることにもつながるのでは、と前向きに捉えることが十分可能だと思います。

最近のとるべき人事施策としては、昔のような成果主義よりも、人口減少・労働力不足からくる、「定着と各自のパフォーマンス向上」につながる仕組みづくりです。

その代表格である男性が育休を取得しやすい職場づくり、イクボス教育は会社全体で取り組むべき緊急課題だと一社でも多く早いタイミングで気づいてもらえたら、と思います。

yjimage