NEWS

新着情報

働き方改革 アウトソーシングで生産性向上

2017.06.30

人手不足で自前主義に限界。

このような記事が先日の日経新聞に掲載されていました。

例えばマクドナルドの宅配サービス。

配達に、ウーバーの宅配サービス「ウーバーイーツ」を導入することにより、利用者側からするとこれまでは配達料金300円で注文1500円以上が条件だったものが、配達料は380円になるものの、注文金額の最低金額が無くなり、注文しやすくなる、というメリットがあるようです。

当然、アウトソーシングとなるため、自前の配達要員やバイクを確保する必要がなく、配達コストも抑えられる。

そもそも配達要員が不足し注文に対応しきれない、という状態もあったようで、アウトソーシングと言えば事務仕事、と思われがちですが、人材不足に悩む企業が生産性を向上させるために改めてアウトソーシングを考える切り口が広がるニュースだったと思いました。

yjimage