NEWS

新着情報

マイナンバー制度、個人番号カードで消費税を取り戻そう

2015.09.09

 自民党、公明党が2017年4月から消費税率が8%⇒10%にUPするのに合わせ、お酒を除いた飲食料品にかかる消費税の2%分を購入後に消費者へ戻す還付制度の導入について、大筋で了承した、とのこと。

【仕組みの概略】
例えば、500円の飲食料品を購入すると、消費税10%として50円が加算され、まずは550円を支払います。
その時に、2016年1月以降に入手できる個人番号カードを店舗に設置されている読み取りレコーダーのようなものに通すと、2%分の10円が一定時期にまとめて、マイナンバーを登録している自分の銀行口座に振り込まれる、というもの。

詳細はこれから詰めていかれますが、今後ますますメリット感を打ち出しながら、個人番号カードの普及と銀行口座の連動が進めていかれるものと思います。

私がいつもセミナーでお伝えしている韓国電子政府のお話に徐々に近づいてくるので、うれしい限りです。

そのうち、ワンカード化促進のために、クレジットカードと個人番号カードを連動させ、ある一定期間中に使った方の中から抽選で〇名様に10万円プレゼント、というお話も出てくると信じています。

愉しみになってきました。
yjimageCA1Y4FWO