NEWS

新着情報

マイナンバー制度、ブレーキをかける同業者

2015.08.06
最近はセミナー実施後の個別相談→個別ご支援として、10月以降配布されるマイナンバーの受け入れ体制が完成している企業様を1件でも多く構築し、日本の電子政府化に向けたお役立ちをするのだ、といった使命感に突き動かされながらメンバーともども取り組んでいる日々が続いております。

その中で1件、残念なお話を聞くことがありました。

セミナー後の個別相談でご来社された企業のご担当者さんからのお話。

一日も早くマイナンバー受入体制を構築していきたいが、社長と懇意にしている顧問の年配社労士から、まだまだ様子見をしておくべきで、今動くのは早すぎる、と言って受入体制どころか、今年の年末調整時の対応等も全く考えてくれていない、様子見様子見と言って、質問しても答えてくれないという状況のようでした。

私からのアドバイスとしては、年末調整の前段階として、社員向けの説明として、マイナンバーが10月以降到着するので大切に保管しておくこと等、を今の段階から行っておくことが先決です等、その他もろもろをお伝えしました。

そのご担当者も事前にやるべきことが明確になったようで、自分なりに進めていきます、と力強いお言葉を言われ帰られました。

各社労士にもスタンスがあろうかと思いますのであまり申しませんが、使命感に突き動かされながら取り組んでいる我々としては少し考え方が違うな~、と思った次第です。

yjimageCAIMR8E8