NEWS

新着情報

マイナンバー制度、日本の10年後:情報保護度合いでお客様離れ

2015.07.13
7月2日からスタートしました、韓国電子政府の視察内容について、今回がファイナル、となります。

今日は、現地の大学教授が実際に体験したお話です。

韓国にある超有名な自動車会社の会員クレジットカードに年会費50,000円を払っていたようです。
結構高いですね、とお聞きすると苦笑いされていました。。

カードの更新手続きの時に窓口の方から、口頭でID番号を聞かれ、口頭でID番号を言わざる負えない、という状況を経験されたことがあったようです。

口頭で言う、ということはその場にいる見知らぬ方々にも聞かれるので、周囲に漏れる、ということを嫌う方からするととんでもないやり方である、とその会社のやり方が問題となり、お客様が離れていった、という事実があったようです。

2016年1月以降、情報保護体制の在り方が企業選びの選択肢となることは間違いないと思いますので、今うちマイナンバー受入体制を構築していく中で、お客様に不安を与えるようなことを実施していないか、という観点も入れ、考えていくべきだと思います。
yjimage