NEWS

新着情報

マイナンバー制度、委託先の選定基準 その2(個人情報の授受保管)

2015.05.27
昨日に引き続き、第2回目。

個人情報の授受保管を正しく行っているか、という観点も大事になります。

1.個人情報の授受は責任者の承認を得ている
2.個人情報の授受は記録している
3.FAXによる授受は電話確認を行っている
4.電子メールは暗号化(またはパスワードロック)を実施している
5.個人情報を無断複製していない
6.保管時は施錠管理を実施している
7.外部記憶媒体は適正に管理している

個人的には7に企業姿勢が表れると感じています。

理由は、簡単に大容量を記録でき、持ち運びも便利なUSBメモリースティックの取扱いが7.に当たります。

既にきっちり対応されている企業はUSBの取扱いも厳密な手法で運用されています。

少し不便な状態になろうかと思いますが、それでもお客様先の情報を絶対に漏らさない、という姿勢と実行力を備えている委託先が良いでしょう。
yjimage