NEWS

新着情報

マイナンバー制度、スタート時の混乱期の乗り切り方

2015.05.15
今年の10月から送付されてくる「通知カード」。

これをうっかり紛失してしまった、という社員が発生した場合、企業としては再発行を依頼するように指示を出すのが普通の対応だと思います。
(ちなみに、紛失はしていないが、うっかり水の中に落としてフヤフヤになり、番号が正しく判別しにくい状況になっている理由で再発行を依頼しようとしても、どのような手続きで進めていけばいいのかについて、まだ決まっていない、とマイナンバーコールセンターから回答されます)

しかし、スタート時期はおそらく行政機関窓口の大混乱が予測され、再発行を依頼しても数週間かかる、あるいは電話をかけてもなかなか出てもらえず、時間の浪費だけで終わり、結局何もすすめられなかった、ということが多々出てくるかと思います。

そこで、代替案として考えられるのが、H28年1月以降に住民票を取得する際に、マイナンバーの記載を希望すればその住民票に表記されてきますのでそちらでの対応を企業としてはお勧めしてはと考えております。

ですが、住民票を取りに行くにも、これまた窓口が混雑している、ということも想定されますので、無駄な時間を発生させないためにも、まずは紛失しないこと、を徹底させるための社内教育が重要であるのは言うまでもありません。
yjimage