NEWS

新着情報

情報保護への理解度が低いお客様はお断り!?

2015.05.07
個人開業の社労士はマイナンバーをお客様に提供しなければならず非常にリスクが高いため、一人法人化が有効である、ということを5月2日のブログに書かせていただきました。

とは言っても、法人となると会費も高くなり、経費面も自由度が落ちて。。。。

とお考えの場合は、マイナンバーをきっかけに、こちらからお客様先の情報保護体制を強化するプロジェクトを一緒に取りくみ、コンサルティング費用をもらいながら、自分のマイナンバーも守る、というモチベーションが高くなるお仕事に積極的に取り組まれることをおすすめいたします。

ただ、お客様先が全く協力的ではなく否定的な場合は要検討。

いくらお客様とはいえ、大事な自分のマイナンバー。

漏れてしまうと何が起こるかわかりません。。。

場合によっては、こちら側からご契約をお断りする、という気概を持つことがこれからの時代、
必要になるかもしれません。

いずれにしても、情報保護に対するコンサルティングができるようになることは必須と思われますので、もしご興味がおありの方は是非お気軽にお問合せ下さい。一緒に学んでいきましょう!

1