NEWS

新着情報

緊張度の高いハラスメント研修

2015.04.20
先日、全国の所長クラスが集まった約50名規模での管理職研修において「ハラスメント研修」を実施してきました。
これまでいろんな会社様でコンテンツをご提供しておりますので精神的な余裕はありましたが、今回は勝手が違います。

現在進行中の「パワハラ」上司と被害者が同席している中での研修でした。
しかも、私の研修を受講された後に上司と被害者と役員の方々との話し合いを行い、上司からの謝罪や今後の進め方等を方向づける、というミッションがありましたので、研修中に被害者が取り乱したりしないよう、慎重に言葉を選び、終了することができました。

研修後、上司からも正しく謝罪され、被害者もこれまでの辛さを直接上司に言われる中で、少し開放されたご様子だったとお聞きしております。

とはいえ、被害者側は心に傷を負っておりますのでこの4月からは別の部署で新たな活躍の場を得られました。

これまで以上に成果を出すべく、取り組んでもらいたいと思いますが、ハラスメント被害者、ということで、周囲からの見られ方もあろうかと思います。

真のハラスメント研修は誰にどのような情報を提供すべきなのか。今一度、考え直したい一件でした。

ハラスメント図